トップ店主のブログ速報【一年で一番甘いばふんウニ】

Archive for 9月 9th, 2020

2020年09月09日 02:15 カテゴリー:未分類


速報【一年で一番甘いばふんウニ】

龍寿しの佐藤です。

 

今日発送で

9月11日(金)に一年で一番甘いばふんウニが

入荷しだします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウニは雑食性で、ウニの味は食べているエサで決まります。

昆布の多い所で育ったウニは甘くなり

逆に魚の死骸などを多く食べたウニは

口に入れても吐き出したくなるような味になります。

 

今から10数年前まで、9月~10月といえば、

口に入れても吐き出したくなるような

本当にまずいばふんウニしか存在しない時期でした。

 

ただ、今は一年で一番甘い3年間昆布だけしか食べていない

最強の甘さのばふんウニがこの時期に出回るようになりました。

 

異常気象で海そのものが変わって突然変異で、

昆布しか食べなくなったからかもと思ったかもしれません。

ですが、答えは違ってウニの養殖に成功したからです。

 

そしてミョウバンの味がとかよく言われますが、

上手く使えばほとんどウニの味に影響しません。

逆に、ミョウバンには脱水効果があり、

少し使った方がウニの味が濃縮されて甘くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから入荷するウニは

北海道の道東 浜中町でとれるばふんウニで、

昆布だけを与えて育てられた養殖のばふんウニです。

 

そして、ばふんウニだけは魚介類の中で唯一、

味の良さから天然ものより養殖ものの方が高い魚介です。

また、通常の市場のルートだと、

このウニは新潟県には入荷がありません。

 

それから市場にでている高いウニを仕入れても

本当に美味しいウニを提供できるとは限りません。

なぜなら、ウニの旬は、短く、

産地情報などの知識や経験が必要だからです。

 

当店では北海道の仕入れ先と太いパイプがあるため

甘みもそっけもないウニではなく、

本当に衝撃的な甘いウニをご提供できます。

 

浜中産のウニの握りを口に含むと、淡雪のようにすっと溶け、

有明産の極上の海苔、魚沼産のシャリと渾然一体となり、

魚沼わさびの辛みがウニの甘みをさらに引き立て、

のどの奥に消えていき、心地いい甘みだけが余韻として残ります。

 



▲ ページの先頭に移動


ホームページ限定のお得なクーポンはこちら

店舗基本情報
新潟県南魚沼市の寿司店 龍寿し 外観

南魚沼立大崎小学校のすぐ近くです。最寄り駅 上越新幹線浦佐駅(車で8分)もしくは上越線五日町駅(車で7分)

新潟県南魚沼市大崎1838-1(湯沢からR17経由で40分)

TEL:025-779-2169
営業時間 平日18:00~22:30(22:00ラストオーダー)
日曜祝日18:00~21:30(21:00ラストオーダー)
昼12:00~13:30しゃりがなくなり次第終了
昼はコースの予約があった日のみの営業になります。
コースは12時スタートになります。
定休日 水曜日ほか不定休あり

予約はコースのみ受け付けます。
席だけの予約は受け付けておりません。

平均予算 8000円から12000円
クレジットカード visa master
席数 カウンター6席 小上がり12席 個室4室
宴会最大30名 個室あり 貸切あり
駐車場 15台(冬季)8台